『ペンデュラムより大切なお知らせ』

平素よりペンデュラムを応援して頂き誠にありがとうございます。
2018年3月30日より活動を行なってきましたペンデュラムですが、この度2020年01月22日をもちまして解散することが決定致しました。

突然の発表となりますことお詫び申し上げます。
これまでに何度も話し合いを重ねてきましたが、このようなご報告となり深くお詫び申し上げるとともに、ご理解を頂けますと幸いです。
また、これまで活動を応援して頂いたファンの皆様、並びに関係者の皆様には心から感謝申し上げます。
最後まで笑顔を届けていけるように駆け抜けていきますので変わらぬ応援をして頂けますと幸いです。
 
2019年12月9日 ペンデュラム一同

以下、各メンバーのコメントとなります。
————————————————————
 
突然の発表で申し訳ない!!
最後までペンデュラムを守れずごめんなさい!

始動からここまでいろんなことがありました。
特にペンデュラムはメンバーの入れ替えがあったりみんなに悲しい思いをさせてしまうことも多かったと思う。

自分も苦しい思いして何度も追い詰められて毎日が寝れないくらい精神的に疲れた事もたくさんありました。

でもSNSで応援してくれるみんながいて、
ライブやインストに来てくれるみんながいて、
ここで負けて甘えてたらダメなんだと何度もみんなに励まされて助けられてきました。
みんながいたから苦しい時も前を向いてここまで真っ直ぐ突き進んでこれたしバンドを通して他では絶対に出来ない経験をすることができました。

決して活動期間は長くなかったけどファンのみんなと出会えたことは絶対に忘れません。

まだペンデュラムは終わってないので残り約1ヶ月と少しの間だけど全力で突き進んで最高な時間をメンバーと大切なファンのみんなと過ごせたら幸いです。

ワンマンライブも控えてるし最後まで悔いを残さないくらい変わらず本気でやりきるので最後までついてきて来て下さい。
よろしくお願いします。

るぅ

まずは応援してくれたディアーズ、ファンの方へ突然の発表で誠に申し訳ないです。

色々みんなで話し合って続けるのか解散するのか協議してきて迷いに迷ったけどこの結果に辿り着きました。誠に申し訳ないです。
ついてきてくれたファンの子には本当に感謝してるよ。
僕とるぅは始動からずっと2人で苦難を共に頑張ってきました。
メンバーチェンジするとは正直思ってもいなかったし、悲しい思いさせてごめんなさい。
悲しい事、苦しい事、楽しい事、総合して僕はいい経験をこのV系を通して学ぶ事が出来ました。メンバーにはほんと感謝です。
もちろんこのバンドで出会えた人達にもすごい感謝してます。ありがとうございました。
解散という結果になってしまったけどまだペンデュラムにはワンマンや数えるくらいのライブ本数あるけど解散が決まったからと言って何としてもこのワンマンは成功させたい気持ちです!
最後の1月まで全力疾走していきたいと思ってますので最後まで宜しくお願い致します!

Reima

突然の解散発表
色んな人達が驚いたと思うけど
なによりペンデュラムを初期から知ってくれてるファンやずっとライブに来てくれてる子達が悲しむと思うと僕は悔しい気持ちでいっぱいです

僕はこのペンデュラムがV系バンドとして初めてやったバンドです
右も左もわからないままこの世界に入って
最初どうなるか不安だったけど
応援してくれるファンやメンバーに助けられてここまで続けてこれました
このV系業界でしか会えない人もたくさんいて
僕にとっては全部が新鮮でとても楽しい時間を過ごせたと思っています

残りの解散ライブまで全力で悔いなくやりきりたいと思ってます
最後まで見届けてもらえたら嬉しいです

りあん

今まで応援して頂いたファンの方へ感謝の気持ち、そして突然の発表で申し訳ない気持ちで一杯です。

ペンデュラムには途中からの加入でしたが、絶対売れてやるという強い覚悟を持って加入しました。
解散の話が出た際も僕だけは反対していて、ペンデュラムを続けたい気持ちは今も変わりません。
そんな感じでメンバーとは何度か衝突することもありましたが、本気で喜びあったこともあり、このバンドを通じてとても成長できたと思ってます。

解散までのライブは今まで以上に全力でやり抜き、ペンデュラムを応援していてよかったと思って頂けるよう力を尽くします。

六華